ファクタリングなどの融資の種類について調べよう

支払いに困ったら

お金

企業の資金繰りは、経営を行う上でとても大切な事項です。設備投資や商品の仕入れなどの資本の投資、商品の販売での資金の回収など、現金のキャッシュフローをについて経営者は常に考えなければなりません。現金の支払いや回収については、自社や取引先のキャッシュの状況から、手形取引を行って現金での支払いを先送りにすることがあります。常に現金が手元ある状況は、大きく信用を得ることができますが、効率的に業務を拡大し、事業拡大を行うためには、資金運用の手段として、お互いの信頼関係のもと売掛金や買掛金などのかけ取引や、約束手形などの手形取引を行うことも大切になります。

手形割引とは、手形に記載されている決済より前に銀行でその手形を割り引いて現金化することを言います。手形割引では、銀行に手形を売却することで、手数料を差し引いた現金を手にすることができます。企業を運営していると、支払いのために資金を用意しなければならないが、その資金が不足しているという状況に陥ることが良くあると考えられます。事業を始めたばかりの時には、資金繰りについての問題は避けることができません。受取手形が手元にあると、それを現金化して支払いにまわすことが可能であるため、割引手形の仕組みは、経営を行う上では頭に入れておくと良いでしょう。経理の業務に携わる人、もしくは簿記の学習をしたことのある人にとっては、この手形割引の処理になじみがある人が多いでしょう。経理業務を行うなかでも、手形割引の処理は大切な項目であると言えます。